セクハラといじめを受けたときの理想的な解決策とは?

今日本で空前のハラスメントブームがきています。

  1. ジェンダー・ハラスメント
  2. スメル・ハラスメント
  3. セクシャル・ハラスメント

など、これらのほかに30以上ものハラスメントが存在しています。

「ハラスメントってかっこよく言い換えているだけで、簡単に言えばいじめのことでしょ?」と考えているあなた。

どうやら違うみたいなんです!

では、いったい何が違うのでしょうか?

一般的にはわざとか、そうでないかの違いで区別されているそうです。

ハラスメントは、絶対的にわざとでない場合でも起こりうる。

一方、いじめは他人に対して明確な感情を向けて行うものなので絶対的にわざとである。

といったような違いです。

このようにハラスメントもいじめも境界線があいまいですが、わざとかそうでないかの前に人として間違った行いであることは間違いありません。ハラスメントやいじめは無くなってほしいものですが、ありとあらゆる場所で行われています。

その中でも特に会社で起こるセクシャルハラスメントやいじめは群を抜いてたちが悪いです。その特に被害が大きい、会社の中で起こるセクシャルハラスメントやいじめはどのように解決すればいいのでしょうか?

 当事者間の示談が望ましい!

 

社内で行われたセクハラや、いじめは性質が悪いです。その後の、社会での人付き合いや心の傷に大きな影響を与えていきます。

当然、セクハラやいじめを解決するのに一番よいのは、当事者間の示談が望ましいとされています。お互いで話し合い、仲直りをしておしまいとなれば理想的です。しかし、セクハラやいじめを受けた人間はそんな簡単に折り合いをつけられるものではありません。

ではどうすればよいのでしょうか?

セクハラやいじめを受けたとき、選択肢の1つとして厚生労働省の総合労働センターなどに相談するとよいかもしれません。ましてや、職場自体がセクハラや陰湿ないじめを黙認していたならなおさらです。

また、セクハラやいじめを受けていた場合、セクハラやいじめをしていた人たちはもちろんのこと会社にも当然、慰謝料などの損害賠償を請求書できるのでセクハラやいじめをしてきた側に倍やり返すこともできるでしょう。

社内でセクハラやいじめを受けた時は、弁護士や労働センターのような自分の世界と少し離れた人間にしっかり相談したほうがよいでしょう。気持ち的にも楽になると思いますのでぜひご活用ください!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*