名前を変える方法

戸籍法1によると、名字と名前の変更は家庭裁判所の許可が必要です。名字を変える場合は、やむをえない事情がある時に可能です。
そのとき、戸籍の筆頭に記載されている者または配偶者が家庭裁判所に申し立ててください。下の名前の変更の場合は、本人が申し立ててください。
正当な理由があれば許可されます。

名前を変えることは、手続きでは簡単だが変更した後知り合いに説明するかしないかでストレスになってしまったり、またいろいろな書類の変更を行わなければいけません。

名前を変更するのは、手続きではなく手続きの後が大変のようです。それでも、変更したいというおぎの父親のように名前に強いコンプレックスがある方なら……ご自由に変更してください。

ただ、おぎの父親のようなどうしても名前を変更したいやむをえない理由が、なめられるからという理由で受理されるかは定かではありません。


引用

  1. 戸籍法 17条

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*