法律が決める子供の名前のルールとは

ここ最近、キラキラネームが問題視されています。

キラキラネームとは、一般常識から逸脱した名前のことを指します。

生まれてくる子供の名前をつけるのは、親として最初の仕事です。親は、子供の名前を立派に育ってもらうために縁起の良い名前にするはずです。しかし、子供の名前に不思議な名前を付ける親が増えているそうです。

その不思議な子供の名前とは、どのような名前なのかいくつか紹介したいと思います。

  • カオス君
  • 王子君
  • カイザー君

など、子供の名前に不思議な名前が付けられている。そう、この上記の子供の名前こそ冒頭で述べたきらきらネームと呼ばれるものなのです!

子供は、親を決められないのと同様に自分の名前を決めることもできません。名前とは、生きていくうえで一生背負っていかなければならないもの。それなのにこんなにキラキラし過ぎる十字架は生きづらいこと、この上ないです。

これでは、親からつけられた名前なのだから大切にしなければならないという倫理観に疑問を抱かざる負えない状況です。

みんな知ってた?子供の名前を決めるルール

Hand underlining Rules with red marker on transparent wipe board.

子供の名前を決めるのにどのような法律的または実務的ルールがあるのでしょうか?

子供の名前を決めるルールは、戸籍法1または暗黙のルールによれば下記があげられます。

  1. ひらがな、カタカナ、常用漢字、人名用漢字のほかに文字は使えない。
  2. 子供が入る戸籍に、すでに存在している名前と同じ名はつけられない。(親と同名はNG)

子供の名前がこの上記のどれかに引っかかっていると役所は出生届を受理してくれないんだそうです。

そもそも子供の名前でみかけるキラキラネームは、いつからこんなにスポットライトが当たったのでしょうか?

一番有名なのが、恐らく「悪魔」という元祖キラキラネームの一件でしょう。この両親たちは、生まれてきた子供の名前を「悪魔」と書き、出生届を提出したが役所は受理しなかった。

子供の名前を決める上記の法律を守っていたのに。

ではなぜ、受理されなかったのか?

これは、社会的な一般常識として逸脱した子供の名前だという理由だからでした。

当たり前と思うかもしれません。しかし、カイザー君やカオス君が良くて悪魔君がダメだと考えると、その基準は未だ明瞭であるとはいい難い状態です。

正直、何が社会的な一般常識として逸脱しない子供の名前なのか分かりません。子供の名前に関しての常識的な考え方は、むずかしいようです。

将来増える、量産型のキラキラネーム

この先、2020年の東京オリンピックでますますグローバル化が進んでいくであろう日本。グローバル化の波により人々の考え方や感じ方がどんどん変わっていき、一般の常識的とされる子供の名前と非常識な子供の名前との境界線があいまいになるでしょう。

そうなれば常識はどんどん変化し、ますます不思議な子供の名前が増えてくるでしょう。

詰め込み世代やゆとり世代などさまざまな人間が役所で働き始めているなか、出生届を受理する側と受理される側の価値観や倫理観が問われてくるのではないでしょうか

 


解説

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*