学校教育法6条 わかりやすい解説

解説

義務教育期間の子供に適応される法律。また、国立、公立の小中学校は授業料が無料である。

条例: 引用

学校教育法6条

  1. 学校においては、授業料を徴収することができる。ただし、国立又は公立の小学校及び中学校、義務教育学校、中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部及び中学部における義務教育については、これを徴収することができない。
引用先:学校教育法6条平成28年5月20日法律第47号

条例: 簡単版

  1. 学校は、授業料を徴収できる。ただし、国立、公立の小学校や中学校、義務教育学校、中等教育学校の前期課程、特別支援学校の小学部、中学部の義務教育は徴収できない。

関連記事一覧

いじめた側を訴えてやる!
人間が生活するなかで切っても切れないいじめ。この記事は、そんないじめに対して親が出来る行動の選択肢をあたえる知識を説明します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す