憲法13条 わかりやすい解説

解説

国民が生活で必要な権利が尊重されるということ。違反された場合、損害賠償や権利を主張することができる。

条例: 引用

     憲法第13条
  1. すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。引用先:憲法第13条(昭和21年11月3日憲法)

 

条例: 簡単版

  1. 国民は個人として尊重される。生命、自由、幸福追求の権利は公共の福祉に反しない限り最大の尊重を必要とする。

法律用語解説

  1. 公共の福祉

    国民の権利,自由や利益の衝突を調節し,共存を可能とする公平の原理。

関連記事一覧

毒舌のメリットとデメリット
世間でニーズの高い「毒舌」モラルがなくなれば立派な人格権の侵害です。この記事は、安易な毒舌がどのような罪になるかをご紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す