憲法24条 わかりやすい解説

解説

婚姻届を提出する時、下記の内容に従わなければならない。また、下記の内容に違反する場合婚約の破棄ができる。

条例: 引用

憲法第24条

  1. 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
  2. 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。引用先:憲法第24条 昭和21年11月3日

 

条例: 簡単版

  1. 婚姻は両性の合意により成立し、夫婦は同等の権利を持ち、お互いの協力により維持されなければならない。
  2. 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚や婚姻、家族に関する事項に関しては、個人の尊厳と平等を考えて制定されなければならない。

法律用語解説

  1. 財産権

    財産的価値を有する権利。

関連記事一覧

「結婚しよう」の一言で婚約できるのか?
誰もが一度はあこがれる結婚。この記事は、結婚において大切な婚約の知識をご説明いたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*