憲法26条 わかりやすく解説

解説

義務教育の子供は下記の保護を受ける。

条例: 引用

憲法26条

  1. すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
  2. すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。引用先:憲法26条 (昭和21年11月3日憲法)

条例: 簡単版

  1. 国民は、教育を受ける権利がある。
  2. 国民は、子供に普通教育を受けさせる義務を負う。また、義務教育は無償とする。

関連記事一覧

いじめた側を訴えてやる!
人間が生活するなかで切っても切れないいじめ。この記事は、そんないじめに対して親が出来る行動の選択肢をあたえる知識を説明します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*