戸籍法107条 わかりやすく解説

解説

氏名の変更を行うとき、下記の内容に従わなければ受理されない。

条例: 引用

    戸籍法第107条 氏名の変更
  1. やむを得ない事由によつて氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。
  2. 外国人と婚姻をした者がその氏を配偶者の称している氏に変更しようとするときは、その者は、その婚姻の日から六箇月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないで、その旨を届け出ることができる。
  3. 前項の規定によつて氏を変更した者が離婚、婚姻の取消し又は配偶者の死亡の日以後にその氏を変更の際に称していた氏に変更しようとするときは、その者は、その日から三箇月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないで、その旨を届け出ることができる。
  4. 第一項の規定は、父又は母が外国人である者(戸籍の筆頭に記載した者又はその配偶者を除く。)でその氏をその父又は母の称している氏に変更しようとするものに準用する。

引用先:戸籍法第107条 氏名の変更 平成28年5月27日法律第51号

条例: 簡単版

  1. 名字を変更するときは、戸籍の筆頭者や配偶者は、家庭裁判所の許可を得て届け出なければならない。
  2. 外国人と婚姻をした者がそ名字を配偶者の名字に変更するときは、その婚姻の日から6カ月以内なら家庭裁判所の許可を得ないで届け出ることができる。
  3. 名字を変更した者が離婚、婚姻の取消しや配偶者の死亡後に名字を変更前の名字に変更とするときは、三カ月以内なら家庭裁判所の許可を得ないで届け出ることができる。
  4. 父、母が外国人である者で名字を父や母の名字に変更する時にも適応する。

法律用語解説

  1. 戸籍の筆頭者

    戸籍の一番最初に記載されている人。

関連記事一覧

国際結婚で名前の変更方法は?
結婚して名字を変える手続きは、簡単。しかし、国際結婚の場合はどうなるのでしょう。この記事は、国際結婚で名字を変更する時のルールをご紹介します。

名前を変える方法
誰でも名前を変更できることをご存知でしたか?この記事は、万が一にでも名前を変えたい人ために手続き方法をご説明します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*