戸籍法113条 わかりやすい解説

解説

戸籍の記載事項を変更をする場合、下記に従わなければならない。また、違反すると懲役や罰金が課される。

条例: 引用

戸籍法第113条 戸籍の訂正

  1. 戸籍の記載が法律上許されないものであること又はその記載に錯誤若しくは遺漏があることを発見した場合には、利害関係人は、家庭裁判所の許可を得て、戸籍の訂正を申請することができる。

引用先:戸籍法第113条 戸籍の訂正 平成28年5月27日法律第51号

条例: 簡単版

  1. 戸籍の記載が許されないものやその記載に錯誤や記入漏れがある場合、利害関係人は家庭裁判所の許可を受けて戸籍の訂正を申請できる。

法律用語解説

  1. 錯誤

    あやまり。まちがい。

関連記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*