戸籍法58条 わかりやすい解説

解説

死亡届に下記の内容を記載しなければ受理されない。

条例: 引用

戸籍法施行規則 第58条 届出

戸籍法第86条第2項第2号 の事項は、次に掲げるものとする。

  1. 死亡者の男女の別
  2. 死亡者が外国人であるときは、その国籍
  3. 死亡当時における配偶者の有無及び配偶者がないときは、未婚又は直前の婚姻について死別若しくは離別の別
  4. 死亡当時の生存配偶者の年齢
  5. 出生後三十日以内に死亡したときは、出生の時刻
  6. 死亡当時の世帯の主な仕事並びに国勢調査実施年の四月一日から翌年三月三十一日までに発生した死亡については、死亡者の職業及び産業
  7. 死亡当時における世帯主の氏名
引用先: 戸籍法施行規則 第58条届出 平成28年3月22日法務省令第9号

条例: 簡単版

死亡届に下記の内容を記載しなければ受理されない。

  1. 死亡者の性別
  2. 死亡者の国籍
  3. 配偶者の有無や配偶者がいないときは、未婚や直前の婚姻についての内容
  4. 死亡当時の配偶者の年齢
  5. 出生後30日以内に死亡したときは、出生の時刻
  6. 死亡者の職業
  7. 氏名

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*