民法109条 わかりやすい解説

解説

保証人となった人は、義務を果たさなければならない。また、違反した場合は損害賠償を請求される。

条例: 引用

民法 第109条 代理権授与の表示による表見代理

    1.  第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間でした行為について、その責任を負う。ただし、第三者が、その他人が代理権を与えられていないことを知り、又は過失によって知らなかったときは、この限りでない。
引用先:民法 第109条 代理権授与の表示による表見代理 平成28年6月7日法律第71号
 

条例: 簡単版

他人に代理権を与えた者は、その他人が第三者との間でした行為について責任を負う。ただし、第三者がその他人は代理権を与えられていないことを知っていた場合や過失によって知らなかった場合はこの限りでない。

法律用語解説

  1. 代理権

    本人に法律効果を発生させる根拠となる地位・資格。

関連記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*