民法110条 わかりやすい解説

解説

第三者が代理人だと思い込んで取引した場合、代理人と考える根拠があれば代理人として取引ができる。

条例: 引用

民法 第110条 権限外の行為の表見代理

    1. 前条本文の規定は、代理人がその権限外の行為をした場合において、第三者が代理人の権限があると信ずべき正当な理由があるときについて準用する。
引用先:民法 第110条 権限外の行為の表見代理 平成28年6月7日法律第71号

条例: 簡単版

  1. 前条本文の規定は、代理人がその権限外の行為をした場合でも第三者が代理人には権限があると考える根拠をもっているときは適応する。

法律用語解説

  1. 代理人

    代理人の行為が本人に法律効果を発生させる根拠となる地位・資格。

関連記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*