民法21条 わかりやすい解説

解説

未成年者が成年者だと嘘をついて契約を行った場合、契約を取り消すことができない。

条例: 引用

民法第21条 制限行為能力者の詐術

  1. 制限行為能力者が行為能力者であることを信じさせるため詐術を用いたときは、その行為を取り消すことができない。

引用先:民法第21条 制限行為能力者の詐術 平成28年6月7日法律第71号

条例: 簡単版

  1. 制限行為能力者といった未成年者が行為能力者であると詐術をしたときは、その行為を取り消せない。

法律用語解説

  1. 制限行為能力者

    一人で法律行為を行うことのできない未成年者など。

  2. 行為能力者

    一人で法律行為を行うことのできる者。

  3. 詐術

    人をだます行為。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*