民法30条 わかりやすい解説

解説

家族が行方不明になった場合、7年を経過すると戸籍上死亡扱いとなる。

条例: 引用

民法第30条 失踪の宣告

  1. 不在者の生死が七年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告をすることができる。
  2. 戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中に在った者その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止んだ後、船舶が沈没した後又はその他の危難が去った後一年間明らかでないときも、前項と同様とする。

引用先:民法第30条 失踪の宣告 平成28年6月7日法律第71号

条例: 簡単版

  1. 生死が7年間明らかでないとき、家庭裁判所は利害関係人の請求により、失踪の宣告ができる。
  2. 戦地に行った者、沈没した船舶の中にいた者、災難にあった者の生死が、戦争が止んだ後、船舶が沈没した後や災難が去った後1年間明らかでないときも、失踪の宣告ができる。

法律用語解説

  1. 利害関係人

    家族など。

関連記事一覧

行方不明者は、7年で死亡扱い?
年間8万人ほどの行方不明者がいます。あなたの周りにも行方不明者が現れるかも。この記事は、行方不明の手続きと存命期間をちゃんと説明します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*