民法541条 履行遅滞等による解除権 解説

解説

先生
指定期間に契約が果たされなかった場合、契約を果たすよう促しても契約が果たされなかったなら契約を解除できる。

条例:引用

民法541条 履行遅滞等による解除権

  1. 当事者の一方がその債務を履行しない場合において、相手方が相当の期間を定めてその履行の催告をし、その期間内に履行がないときは、相手方は、契約の解除をすることができる。
引用先:民法545条 解除の効果 平成28年6月7日法律第71号

条例:簡単版

  1. 当事者の一方がその債務履行しない場合、相手方が相当の期間を定めてその履行の催告をし、その期間内に履行がないときは、相手方は、契約の解除をすることができる。

法律用語解説

    債務

    先生
    一方が他方に対して一定の行為を制約し、その内容を守る義務のことです。

    履行

    先生
    義務を果たすこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*