民法541条 わかりやすい解説

解説

買った商品が到着予定日を過ぎても届かない場合に適応される法律。また、相手に連絡しても届けてくれない場合は契約を解除できる。

条例: 引用

民法第541条 履行遅滞等による解除権

  1. 当事者の一方がその債務を履行しない場合において、相手方が相当の期間を定めてその履行の催告をし、その期間内に履行がないときは、相手方は、契約の解除をすることができる。
引用先:民法第541条 履行遅滞等による解除権(平成28年6月7日法律第71号)

条例: 簡単版

  1. 当事者の一方がその債務履行しない時、相手が相応の期間を定めてその履行催告をし、その期間内に履行がないときは、相手方は、契約の解除ができる。

法律用語解説

  1. 債務(さいむ)

    特定の人に金銭を払ったり物を渡す義務。

  2. 履行(りこう)

    実現すること。

  3. 催告(さいこく)

    相手に特定の行為を請求すること。

関連記事一覧

おい!ネットショッピングで買った商品が来ない
生活に欠かせない「ネットショッピング」。この記事は、そのサービスに潜む危険性を緩和させる知識を紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*