民法545条 解除の効果 解説

解説

先生
契約を解除した場合、損害賠償を支払わなければいけません。

条例:引用

民法545条 解除の効果

  1. 当事者の一方がその解除権を行使したときは、各当事者は、その相手方を原状に復させる義務を負う。ただし、第三者の権利を害することはできない。
  2. 前項本文の場合において、金銭を返還するときは、その受領の時から利息を付さなければならない。
  3. 解除権の行使は、損害賠償の請求を妨げない。
  4. 引用先:民法545条 解除の効果 平成28年6月7日法律第71号

条例:簡単版

  1. 当事者の一方がその解除権を行使した場合、双方その相手方を元の状態に戻す義務がある。
  2. 当事者の一方がその解除権を行使した場合、金銭を返すときは、その受け取った時から利息を付さなければならない。
  3. 解除権の行使した場合、損害賠償の請求に従わなければならない。
  4. 法律用語

    1. 解除権

      法律の規定によって生じる契約を破棄すること。

    関連記事一覧

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す