民法570条 瑕疵担保責任の解説

解説

買った商品が一見気づかない部分で壊れていたときに適用される法律。 第566条に準じて、契約の解除や損害賠償の請求を行うことができる。

条例: 引用

民法第570条 瑕疵担保責任

  1. 売買の目的物に隠れた瑕疵があったときは、第五百六十六条の規定を準用する。ただし、強制競売の場合は、この限りでない。

引用先:民法第570条 瑕疵担保責任(平成28年6月7日法律第71号)

条例: 簡単版

目的の商品を売り買いしたとき、商品に隠れた欠陥があった場合は第566条の規定を適用する。ただし、強制競売の場合は例外である。

法律用語解説

  1. 瑕疵

    欠陥や欠損。

  2. 強制競売

    不動産に対する強制執行の方法の一種。強制的に競売を行い不動産を差し押さえる。

関連記事一覧

民法566条 わかりやすい解説
第566条 地上権等がある場合等における売主の担保責任をわかり易く解説!

サンプルと買った商品が別物!
サンプルと買った商品が違うというトラブルが起こったとき、購入者がどのような権利を持っているのでしょうか。この記事は、購入者の権利を説明します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す