民法709条 わかりやすい解説

解説

他人に権利や利益を侵害された場合に適応される法律。相手に損害を賠償することができる。

条例: 引用

民法709条 不法行為による損害賠償

  1. 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。引用先:民法709条 不法行為による損害賠償平成28年6月7日法律第71号

条例: 簡単版

  1. 故意や過失で他人の権利利益を侵害した者は、生じた損害を賠償する。

法律用語解説

  1. 権利

    財産権や人格権、身分権など。
  2. 利益

    権利以外で法律的に保護が必要な利益

関連記事一覧

けんかは、どっちが悪いのか?
毎日の生活で一度は目撃する「けんか」。この記事では、けんかの責任は売ってきたほうそれとも買ったほうのどちらが悪いのかを説明します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*