民法710条 わかりやすい解説

解説

他人に対する暴力や、監禁、侮辱、経済的な資本の損害等をあたえた場合に適応される法律。精神的な損害についても損害賠償を請求できる。

条例: 引用

民法第710条 財産以外の損害の賠償

  1. 他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。
引用先:民法第710条 財産以外の損害の賠償 平成28年6月7日法律第71号

条例: 簡単版

  1. 他人の身体、自由、名誉を侵害した場合や他人の財産権を侵害した場合のどれかに関係なく、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

法律用語解説

  1. 損害賠償

    正当な理由がないのに契約をやぶることやある人が他人の資本を違法に侵害することで損害をあたえた場合、その原因を作った者が損害を支払うということ。

毒舌のメリットとデメリット
世間でニーズの高い「毒舌」モラルがなくなれば立派な人格権の侵害です。この記事は、安易な毒舌がどのような罪になるかをご紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*