民法770条 裁判上の離婚 簡単解説

  1. 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
    1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
    2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
    3. 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
    4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
    5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用先:民法第七百七十条

民法770条

  1. 夫婦は、下記の条件に当てはまると離婚できる。
    1. 夫か妻が浮気したとき。
    2. 結婚生活の崩壊をもくろんで、夫か妻が結婚生活の協力を何もしないとき。
    3. 蒸発などで三年以上身元確認ができないとき。
    4. 夫か妻が、回復できないであろう重い精神病にかかったとき。
    5. そのほかに、結婚生活を続けられないなにかしらの理由があるとき。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*