民法95条 わかりやすい解説

解説

契約内容にまちがいがある場合、契約行為を取り消すことができる。

条例: 引用

民法 第95条 錯誤

  1. 意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。
引用先:民法第95条 錯誤 平成28年6月7日法律第71号

条例: 簡単版

  1. 意思表示は法律行為に錯誤があったとき、無効となる。ただし、表意者に見落としがあったときは無効を主張できない。

法律用語解説

  1. 意思表示

    契約の申し込みや承諾、解除、遺言など。
  2. 錯誤

    あやまり。まちがい。

関連記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*