民法96条 わかりやすい解説

解説

詐欺や脅迫による意思表示は、取り消すことができる。

条例: 引用

民法 第96条 詐欺や強迫

    1. 詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。
    2. 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。
    3. 前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない。
民法 第96条 詐欺や強迫 平成28年6月7日法律第71号

条例: 簡単版

  1. 詐欺や強迫による意思表示は、取り消すことができる。
  2. 相手に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合、相手がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。
  3. 詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に主張することができない。

法律用語解説

  1. 意思表示

    契約の申し込みや承諾、解除、遺言など。

  2. 善意の第三者

    特定の事情を知らない第三者

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*